伏見稲荷のきつね

伏見稲荷大社に行ってきました。
有名な神社ですが、実はちゃんと行ったのははじめて。

千本鳥居ももちろん印象的でしたが、
あっちこっちにきつねの像があり、そちらも印象的でした。
ということで、今回はきつねづくしで。

b0292040_2251960.jpg

b0292040_2241174.jpg

楼門のきつね。
右が玉、左が鍵を持っています。
境内のきつねの中でも一番堂々としてた気がする。


b0292040_22413072.jpg

本殿の横にいたきつね。多分。
右は口をつむっています。しっぽには金の宝珠?
左がくわえているのは多分稲じゃないかと。こちらもしっぽに金の宝珠。
細身で頭が小さく、エジプトの壁画にでてくるようなスタイルです。


b0292040_22414351.jpg

b0292040_22415294.jpg

右が玉、左は巻物をくわえています。
足に筋肉の節がはいっている。


b0292040_2242061.jpg

b0292040_2242877.jpg

他のキツネにくらべて凹凸少なくシンプル。
ちょっと埴輪みたいで、体つきも子供っぽいです。
柴犬みたいな顔立ちがかわいい。
右が玉で左が巻物をくわえています。


b0292040_22424829.jpg

頭が小さめでちょっと筋肉質っぽい感じ。
右が玉、左が巻物。


b0292040_22431370.jpg

右が玉、左が巻物。


今回は案内役で行ったので、途中までしか登りませんでした。
なのでこれでおしまい。
次回行った時は山頂まで登りたいです。


きつねの絵馬。
b0292040_23132724.jpg


鳥居の絵馬。
b0292040_23131175.jpg



おまけ。
b0292040_2241622.jpg

むかーし買ったスニーカーを久しぶりにはいて行ったたら、
なんと石段で靴のかかとがぼろぼろとはがれおちました。
ゴムってこんな劣化するんやーとびっくりしました。
まぬけすぎる。
[PR]
# by cream-japan | 2013-10-02 23:24 | 京都

銀月アパートメント

梅雨のような雨つづきで、なかなかお寺にも行けず。
今回は好きな建物です。

左京区の「銀月アパートメント」。
大正区に建てられた古い洋館のアパートメントです。
「鴨川ホルモー」「クローズドノート」などの映画の舞台にもなったそうです。
もちろん今も現役。


b0292040_0162696.jpg

入口。「銀月アパートメント」の看板と三角の赤い屋根がかわいい。
森茉莉がふと現れそうな建物ですなあ。


b0292040_2555995.jpg

思ったより大きい。


b0292040_2482868.jpg

窓も美しい。


b0292040_2484374.jpg

裏口? 趣のある扉と丸いステンドグラス。
玄関口にはタイル。

以前左京区に住んでいたので、このへんは時々散歩してました。
中には入ったことないですが、よく外観を眺めてました。懐かしい。
すぐ近くに疎水が流れていて気持ちのいい場所です。


b0292040_2475390.jpg

これはどこかの裏道で。
ゴミバケツが並んでるだけなのですが、
淡い色の組み合わせがきれいで描きました。
[PR]
# by cream-japan | 2013-09-05 03:02 | 京都

醍醐寺

イラストレーターの村上千彩です。

京都のお寺や建物、おいしい物などをイラストで描いて行きます。
よろしくお願いします。

1回目は醍醐寺です。

醍醐寺は山科にあるため、超メジャーな観光スポットではないですが(桜は有名です)、
とてもいいところです。
醍醐駅から歩いて10分くらい。
山の地形をいかして、いくつものお寺が建てられています。


b0292040_12563335.jpg


西大門(仁王門)。

豊臣秀頼が金堂を再建後、1605年に再建したもの。
左右の仁王像は平安後期に作られた物です。
仁王像は「阿」「吽」の表情をしています。素晴らしい造形美!



b0292040_12592259.jpg



国宝の唐門。



b0292040_13411621.jpg


ちょっと歩くと、金堂が見えてきます。
醍醐天皇のとき建てられ、2度焼失したそうです。
現在の金堂は豊臣秀吉の命で紀州(和歌山)から移築され、秀頼の時に完成。
醍醐寺の中心のお寺です。



b0292040_12594717.jpg


緑が美しい!
行ったのは4月半ばだったので緑があおあおとしていて
木漏れ日がきらきらしていてとても気持ちよかったです。
桜や紅葉ももちろんきれいだけど何でもない春もおすすめです。


このあと、五重の塔が見えてくるのですが、
すみません、これ難しすぎて描けず。ひー。

b0292040_1302469.jpg



釘を使わず木の組み合わせだけで建てられた建物。
この木組みが複雑かつものすごく美しいです。

b0292040_13303419.jpg

                     


このあと弁天堂の池をみて(これもきれい)引き返したのですが、
実はここまでが「下醍醐」でさらに「上醍醐」があったのです!
なんか柵みたいのがあった(気がする)ので、てっきりここまでやと思いました。

友達としゃべりながら歩いたり、じっくり見てたせいもありますが、
2時間くらいはいたような。。。
これで上醍醐まで行ってたら半日かかってましたね。
ちょっとしたハイキングコースなので、スニーカーで行くのがおすすめです。

そのあと境内で食べたおそばセットもおいしかったです。
桜や紅葉の観光シーズンは入口のスペースに
出店(焼き栗とかみたらし団子とか)もいろいろでるので楽しいです。


b0292040_1301785.jpg


最後に一緒に行ったFちゃんの格好がかわいかったのでオマケで。
上醍醐はまたいつかレポートします!
[PR]
# by cream-japan | 2013-08-28 14:00